口コミで大阪のインプラント名医がまる分かり!
HOME >  初心者のためのインプラント治療ガイド >  人気が高まる無痛治療とは

人気が高まる無痛治療とは

インプラントには興味があるけれど、痛みがないか不安…という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?インプラント手術には、メスを使わずに治療する方法や特殊な麻酔を使って行う無痛治療があります。

切らないインプラントとは

一般的なインプラント治療とは、歯肉にメスを入れて、インプラントを埋め込むという方法です。しかし最近では、患者さんの体の負担や精神的な不安を取り除くために切らないインプラント治療という方法が増えてきています。

切らないインプラント法を、フラップレス術と呼びます。方法としては、事前にCT撮影とコンピュータによるシミュレーションを行うことで、正確に・正しい位置にインプラントを埋め込むためのマウスピースのようなものをあらかじめ作成します。

それによって歯肉を切らずにインプラント手術ができるのです。傷が少なくて済むので、痛みや腫れ・出血がほとんどないので「無痛治療」というわけです。

メリットとして、手術時間の短縮・通院回数も減ることなどが挙げられます。ただし、この無痛治療には条件がいくつかあります。

まず1つ目にインプラントを埋め込む場所の周りに歯肉が充分ついていること。2つ目に、全身疾患がないかどうか。

フラップレス術を受けるためには、これらの条件を満たしていなければいけません。無痛治療は誰でも受けられるわけではありませんし、CTやシミュレーションなどの設備が整っている且つ、実績や経験が豊富な腕の良い歯科医でしか受けることができないのです。

緊張感をほぐしてくれる麻酔薬

インプラント手術では、全身麻酔ではなく、局所麻酔薬を使うのが一般的です。

細めの注射器で麻酔を注入する方法で、虫歯治療などで経験したことがある人が多いのではないでしょうか。実は痛みというのは、精神的な不安や緊張からくるものも多いようです。

そんな人におすすめなのが、静脈内沈静法という方法。手術中、腕から点滴で鎮静剤を入れます。全身麻酔ほどの力はありませんが、眠りにつく直前のような安らいだ状態になり、不安や緊張感をとりのぞくことができます。

このとき、血圧・脈拍・呼吸などに注意しながら手術が行われるので安心です。インプラント治療では、このように麻酔や手術法で痛みをまぎらわすことも大切ですが、担当医との信頼関係が最も重要です。

しっかりコミュニケーションがとれているかどうかによって、不安感や感じるストレスの度合いが変わってくるので、事前によく話し合い、安心して任せられる医師を選ぶようにしましょう。