口コミで大阪のインプラント名医がまる分かり!
HOME >  初心者のためのインプラント治療ガイド >  インプラントにかかる費用は?

インプラントにかかる費用は?

インプラントの費用について、ここでご紹介していきたいと思いますが、費用の相場と格段にかけ離れている歯科も中には存在しています。

基本的に自由診療の枠組みの中で価格がつけられているため、治療を受ける側からすると安いところに目が行きがちになりますが、ここでは費用を見る上での注意点なども合わせてご紹介していきたいと思います。

インプラントの費用相場とは

症状や治療の内容によって負担金額はマチマチではありますが、一本あたりの相場としては30万円~50万円と言われています。

もちろん、クリニックによっても多様であり、実績も持たずに安くして集客を図ろうとしているクリニックや、施術数が多く実績があるために安くしているクリニックも存在しています。

費用を見るときの注意点としては、クリニックの中身を見ていく必要があります。

  • 実績はあるのかどうか
  • 認定医なのかどうか
  • 医師同士がチームになって患者を見る体制があるのかどうか

…などは最低でも抑えておくべき点の一つで。ぜひ費用を見る上でご参考にしてみてはいかがでしょうか。

インプラントの費用対効果

インプラントは最近では保証期間を10年間としているクリニックが出ていたりするほど、インプラントの長持ちに自信を持っていることが窺えます。

インプラント治療をして成功と言えるのは、治療が成功することによって生まれてくるものではなく、第二の永久歯として生涯にわたり機能することによって初めて成功と言えるのだと思います。そういう意味では、一概に「高い」「安い」と言えるものではないような気もします。

自分自身における治療後のアフターケアを怠らず、また定期健診なども怠ることなく対応していくことによって益々インプラントを本当の意味での第二の永久歯とすることが可能だと思いますので、ぜひ術後のアフターケアも忘れずに実行していくように心がけましょう。

「食べれるもの」を食べているだけでは楽しくありません。「食べたいもの」が固いものであっても食べれるような歯を手に入れることができれば、お金には代えられない何かを得られるような気もします。

治療費の控除はあるの?

インプラント治療には健康保険が適用されませんが、実は医療費控除の対象となることもあるようです。下記のような計算で医療費控除の計算がされるようですので、ご参考にして頂ければ幸いです。

『実際に払った医療費の合計額ー保険金などで補填される額+10万円=医療費控除額(上限200万円)』

※保険金などで補填される額・・生命保険・医療保険契約などで支給される給付金
※10万円・・・その年の所得の合計が200万円未満の人は、10万円ではなく所得の5%の金額となります。

実際に費用面では従来の治療方法と比べると、かなりの割高感があるかと思いますが、従来の治療方法はインプラントと比べると「第二の永久歯」を得られる方法ではなかったことを鑑みると、決して高いとは言えないのではないでしょうか。

治療費控除の対象となり得ることなども考慮しながら、この機会にぜひ前向きにインプラントをお考えになってみて下さい。